マーケティングマインド株式会社

マーケティングストーリーを創造し、企業価値を永続的に高めていきます。-M&A・CRM・組織モデル-

ごあいさつ

弊社サイトにご来訪頂きまして、誠にありがとうございます。

マーケティングマインド社は顧客起点・視点(=マーケティングマインド)を重要視して、M&A、CRM、組織モデルを一気通貫で進めている国内初のマーケティング会社です。昨今、企業を取り巻く環境は激変してきています。少子高齢化、グローバリゼーション、市場の成熟化、ICT、AI(人工知能)の発展など様々な状況変化が見受けられます。このような変化し続ける状況下において当社はCRMサービスを基軸に以下のサービスを持ってクライアント企業価値向上に貢献して参ります。

  • ① CRMサービス
     (シームレスなマーケティング環境サービス)
  • ② M&Aサービス
     (M&Aに成長機能であるマーケティングサービスを融合させたサービス)
  • ③ 組織結合サービス
     (「組織」「経営管理」「業務プロセス」「文化・風土」といった組織人事領域における統合サービス)

なぜ、これら3サービスを進めることが有益なのかご説明します。

主には国内の人口動態と少子高齢化がポイントとなります。2008年より国内人口は減少傾向になっています。これは国内消費需要が減ることを意味し、高齢化がそれに拍車をかけます。(高齢者は消費力が下がる傾向があります。)一部の大手企業は人口動態を早くから捉え、海外売上比率を50%以上に持ってきており、国内需要に依存しない経営体制を築いていますが、多くの企業はこれから本格化する人口減少社会に対応していかなければなりません。

このような状況下では、業界再編が起こりやすくいかにして成長戦略を描いていくかということが企業課題となっていきます。

その成長戦略の手段としてM&A戦略の有用性があります。今日においては、大手企業に限らず、中堅・中小企業も積極的にM&Aを活用していますが、やみくもにM&Aを進めればいいわけではありません。M&Aによる売却・買収そのものには大きな意味はなくあくまで手段であり、M&Aを行うことで成長戦略、雇用維持、需要喚起、そして巡航速度にもっていくしなやかな組織体制を構築することがポイントとなります。そのためにマーケィング戦略と組織モデルが大変重要になっていきます。

上記のことから①~③のサービスを戦略的にクライアントへ提供していくことが弊社の社会的意義であり、クライアント企業価値の向上において真に貢献するものであると考えています。

マーケティングマインド株式会社
代表取締役社長 日高 健雄

    0
    0
    0
    0
    0
    0
    0
    0
    0
    0